「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」痛いほど胸にささる、茨木のり子の詩

「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」痛いほど胸にささる、茨木のり子の詩

美しく凛とした言葉を紡ぎ、心に響く数々の名作を遺した詩人、茨木のり子。ときに優しく、ときに厳しい彼女の詩は、たくさんの大事なことを教えてくれます。ここでは、そんな茨木のり子のおすすめ詩集を5作品ご紹介していきましょう。

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}