アプリでもっと、ハッカドール

『流』が“光”なら『僕が殺した人と僕を殺した人』は“影”——東山彰良の最新作は、台湾が舞台の青春ミステリー

『流』が“光”なら『僕が殺した人と僕を殺した人』は“影”——東山彰良の最新作は、台湾が舞台の青春ミステリー

“20年に1度の傑作”との高評価で直木賞を受賞した『流』から2年。5月11日(木)に発売された東山彰良さんの『僕が殺した人と僕を殺した人』は、1984年の台湾と現代のデトロイトを舞台に描く、青春物語です。問題を抱えながらもたくましく暮らし、友情をはぐくんでいた4人の少年たち。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}