朝井リョウが描く“対立が削がれた時代”の息苦しさとは?『死にがいを求めて生きているの』

朝井リョウが描く“対立が削がれた時代”の息苦しさとは?『死にがいを求めて生きているの』

『何者』で直木賞を受賞し、人間関係や生き方にもがく若者を描いてきた朝井リョウさん。今年3月に発売された『死にがいを求めて生きているの』では「対立」をテーマに、対極的な性格の2人の登場人物から“平成”という時代の闇を浮き彫りにします。朝井さんは自身が生きてきた“平成”をどのようにみているのでしょうか。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}