ほろ酔いになると父がいつもしてくれた話 終戦後の食糧難の時代、孤児に食べものを分けた実話漫画に称賛

ほろ酔いになると父がいつもしてくれた話 終戦後の食糧難の時代、孤児に食べものを分けた実話漫画に称賛

終戦後の食糧難の中で、孤児に食べ物を分けた実話を描いた漫画「柿の木」が称賛を集めています。作者・泉福朗(@okaeri_eripiyo)さんのお父さんが体験したことを描いたお話です。 孤児に柿をあげて叱られた、その理由は 終戦の年(1945年)の秋、当時8歳だった少年(泉さんのお父さん)...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}