サミュエル・ベケット 「モロイ」 ついに刊行された宇野邦一の個人訳、第一弾は決定版 - REVIEWS

サミュエル・ベケット 「モロイ」 ついに刊行された宇野邦一の個人訳、第一弾は決定版 - REVIEWS

2019.07.1120世紀を代表する劇作家・小説家、サミュエル・ベケットの小説三部作(「モロイ」「マロウンは死ぬ」「名づけえぬもの」)が宇野邦一の個人訳によってついに刊行される。その第一弾は、ベケットの小説の中でも何度か翻訳されている「モロイ」であるが、今回の翻訳は決定版ともいえるものだ。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}