手品先輩・第2話

手品先輩・第2話

助手、一人で学校の食堂に来たらやはり先輩もぼっちで座っていた。奇遇だねと気づかれてしまったら仕方ない。一緒にカレーを食べる事になる。すると早速先輩はスプーン曲げ手品をやろうと言い出す。あれは力点・支点・作用点がはっきりしていれば簡単だよと言うので助手がやってみたら簡単に曲がる。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}