これほど読む人によって読み方が変わる作品は、めったにない―今村夏子『むらさきのスカートの女』

これほど読む人によって読み方が変わる作品は、めったにない―今村夏子『むらさきのスカートの女』

新興宗教にのめり込む両親を子どもの視点で描いた『星の子』が、第157回芥川賞候補となった今村夏子さん。日常に潜む違和感を平易な文章で描く独特な世界観で多くの読書好きを唸らせています。そんな今村さんの待望の新作『むらさきのスカートの女』が、6月7日(金)に発売されました。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}