『人喰い ロックフェラー失踪事件』精神世界と現代社会、両者間の深刻な断絶

『人喰い ロックフェラー失踪事件』精神世界と現代社会、両者間の深刻な断絶

人喰い (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズIII-8)作者:カール・ホフマン 翻訳:古屋 美登里 出版社:亜紀書房 発売日:2019-03-21「虚実皮膜」とは、芸術は虚構と事実との、皮と膜とのようなほんのわずかな間にあるという意味で、近松門左衛門が語ったとされる言葉だ。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}