三宅唱 「きみの鳥はうたえる」 佐藤泰志の小説と映画化の相性の良さを示す決定打 - REVIEWS

三宅唱 「きみの鳥はうたえる」 佐藤泰志の小説と映画化の相性の良さを示す決定打 - REVIEWS

2019.05.10佐藤泰志の小説と映画化の相性がいいことは、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」と作品を並べて見れば明らかだが、本作はその決定打ともいうべき作品だ。〈僕〉(柄本佑)と同居中の友だちで失業中の静雄(染谷将太)、そこに〈僕〉のバイト先の書店で働く佐知子(石橋静河)...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}