編集部より 君の名を砂に埋める

編集部より 君の名を砂に埋める

彼は時計をみる。もう宵の口を過ぎていることはわかっていた。彼は二本の針を確認し、正確な時刻を看護師に告げる。そして患者をじっと見守っている家族―――もはや遺族だがーーに「ご臨終です」と伝える。この瞬間が彼にはとてもつらい。病室の窓の外では白い雪が地球という大地を冷蔵庫のように閉じ込めてゆく。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}