2018年下半期のまとめ

2018年下半期のまとめ

2018年も終わってしまいましたので、下半期のまとめに入りたいと思います。7〜12月に読んだ本で特によかった12作とひとこと感想です。なお上半期はこちらです。 ◇柚木麻子「ねじまき片想い」(創元推理文庫/東京創元社) おもちゃメーカーのデザイナーである主人公が、片想いの彼のために奮闘!しかし空回り!...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}