【ゲーム株概況(1/4)】スマホ版『ラングリッサー』の国内向け正式タイトル決定でエクストリームが買われる アカツキが一時S高 任天堂が安い

【ゲーム株概況(1/4)】スマホ版『ラングリッサー』の国内向け正式タイトル決定でエクストリームが買われる アカツキが一時S高 任天堂が安い

1月4日の東京株式市場では、日経平均株価は大幅続落し、前日比452.81円安の1万9561.96円と2万円の大台を割り込んで取引を終えた。国内市場が年末年始の休暇中に、米国でアップルが業績予想を下方修正して急落するなど、軟調な米国市場の動きを受けて朝方からハイテク株を中心に売り物が大きく先行した。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}