【ゲーム株概況(12/7)】ネクソンが大幅反発…中国向けタイトルの活発化で認可問題の懸念が後退 アカツキとガーラは新作配信による材料出尽くしに

【ゲーム株概況(12/7)】ネクソンが大幅反発…中国向けタイトルの活発化で認可問題の懸念が後退 アカツキとガーラは新作配信による材料出尽くしに

12月7日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに反発し、前日比177.06円高の2万1678.68円で取引を終えた。前日までの3日間で1000円超の下落となっていたこともあり、見直し機運が高まり、内需関連株を中心に買われる展開となった。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}