2018年の天気を表す漢字は「災」「荒」――日本気象協会、気象予報士が最も印象に残ったのは「平成30年7月豪雨」

2018年の天気を表す漢字は「災」「荒」――日本気象協会、気象予報士が最も印象に残ったのは「平成30年7月豪雨」

日本気象協会は12月6日、気象予報士100人と一般の1000人にアンケートをとった結果、2018年の天気を表す漢字として気象予報士からは「災」、一般からは「荒」が選ばれたと発表した。 気象予報士は「災」、一般は「荒」を選んだ 気象予報士票からは4年ぶりに「災」...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

関連記事

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}