なぜLAの音には独自の〈ファンク〉が宿るのか? ブランドン・コールマンの新作『Resistance』から考える - COLUMN

なぜLAの音には独自の〈ファンク〉が宿るのか? ブランドン・コールマンの新作『Resistance』から考える - COLUMN

Photo by Visual Thought カマシ・ワシントンやサンダーキャットらと並び、LAの新世代ジャズ・シーンにおけるメイン・プレイヤーと名高い鍵盤奏者、ブランドン・コールマン。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}