北元あきの 『魔術の流儀の血風録(ノワール・ルージュ)』 (講談社ラノベ文庫)

北元あきの 『魔術の流儀の血風録(ノワール・ルージュ)』 (講談社ラノベ文庫)

太平洋戦争末期の混乱に乗じて,魔術師たちの楽園――マギウス・ヘイヴンと呼ばれるようになっていた東京.様々な人種,文化,言語,魔術,そして犯罪が跋扈する東京は,特高こと特別高等魔術警察によって治安が維持されていた.〈人斬り覚馬〉こと特高魔術師の綾瀬覚馬は,その力を使って魔術師たちの犯罪に日々立ち向かっ...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}