スティーヴン・A・クラーク 『Where Neon Goes To Die』 ボーイズ・ノイズフが全面参加、インディー視点からのプリンス解釈 - REVIEWS

スティーヴン・A・クラーク 『Where Neon Goes To Die』 ボーイズ・ノイズフが全面参加、インディー視点からのプリンス解釈 - REVIEWS

2018.10.11前作リリース後にピットブル作品へ客演して知名度を上げたノースカロライナ出身のシンガーが放つ2作目。霞がかったブルーな歌世界から、輪郭のくっきりとしたビートと共にカラフルな変化を遂げているのは、プロデュースを担当したボーイズ・ノイズのおかげでしょうか。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}