はたらく細胞・第11話

はたらく細胞・第11話

何だか暑い。赤血球達が表皮の方に流れていた。体温が上昇していたのである。汗腺細胞は体温上昇に対処すべく発汗を行っていた。だが既に体内の水分はほぼ失われつつあった。これ迄の発汗によって水分が失われ表皮の景色はカラカラの砂漠の様な姿に。それでも汗腺迄行けば温度が下がる筈と先に進む赤血球達。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}