女に振り回され続ける人生を志賀直哉が描く!『暗夜行路』の結末とは?

女に振り回され続ける人生を志賀直哉が描く!『暗夜行路』の結末とは?

志賀直哉が書いた唯一の長編小説。近代文学の最高峰であるという評価を受けるなど、非常に評価の高い作品です。不義の子として生まれた主人公である時任謙作(ときとうけんさく)が結婚した後、妻の過失と不幸を背負いながらも、心の平和を見出していくプロセスが描かれています。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}