「誤報の後に真実がある」『罪の声』塩田武士が新作『歪んだ波紋』で描く“情報”の危うさとジャーナリズム

「誤報の後に真実がある」『罪の声』塩田武士が新作『歪んだ波紋』で描く“情報”の危うさとジャーナリズム

昭和最大の未解決事件、グリコ・森永事件を題材にした『罪の声』は、どこまでが事実で、どこからがフィクションなのかわからないほどの圧倒的なリアリティを持った“リアルフィクション”として大きな話題を呼んだ。それから2年ぶりとなる社会派小説『歪んだ波紋』は、塩田武士さんにとって初の連作短編となる。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}