アンゴルモア元寇合戦記・第5話

アンゴルモア元寇合戦記・第5話

国府が燃えている。佐須浦に上陸したのとは別働隊が国府を蹂躙していた。崩れ落ちる照日姫。山中には国府に先に戻った宗家郎党が逃げ込んでいて合流する事が出来たが、弥次郎も茫然自失。対馬の南側の島(現下島)の東側に国府、厳原がある。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}