パイオニア、新規テレマティクス事業は順調だがOEMが苦戦--損失拡大

パイオニア、新規テレマティクス事業は順調だがOEMが苦戦--損失拡大

パイオニアは8月6日、2019年3月期第1四半期(4〜7月)の連結業績を発表した。カーエレクトロニクスのOEM事業などの増加により、売上高は838億円(前年同期は833億円)と前年並みとなったが、営業損益はOEM事業における減価償却費の増加や為替の影響を受け、16億円の赤字(同2億円の赤字)...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}