【第08回】サン娘 ~Girl's Battle Bootlog セカンドシーズン

【第08回】サン娘 ~Girl's Battle Bootlog セカンドシーズン

||二章①「やはり今日もいらっしゃらないようですわ」 教室から出てきた栞が残念そうにつぶやいた。 まあちも教室を覗いてみるが、楓の机は空席のままだった。「もう三日。ズル休みなんていいご身分ね」 静流が呆れたように言った。 あの日、並木道で楓と別れてから、すでに三日が経っていた。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}