東映アニメが一時S高 19年3月期業績予想の上方修正が材料に 「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりをあらためて評価

東映アニメが一時S高 19年3月期業績予想の上方修正が材料に 「ドラゴンボール」IPの国内外での好調ぶりをあらためて評価

東映アニメーション<4816>が一時ストップ高まで買われるなど急騰し、4000円大台乗せを示現してきた。 東映アニメは、前週末7月27日に2019年3月期の第1四半期決算を発表するとともに、早くも2019年3月期通期の連結業績予想の上方修正を発表したことが材料視されている。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}