アプリでもっと、ハッカドール

戦後貧しい日本でなぜ「野球」が流行したのか?『夏空白花』で須賀しのぶが描く「高校野球第100回」の凄み

戦後貧しい日本でなぜ「野球」が流行したのか?『夏空白花』で須賀しのぶが描く「高校野球第100回」の凄み

今夏、100回を迎える全国高校野球選手権大会。7月24日(火)に発売された須賀しのぶさんの『夏空白花』は、その節目の年にふさわしい、敗戦後の日本で「高校野球の再建」を賭けて戦った人々の姿を描く作品です。須賀さんは『革命前夜』『また、桜の国で』...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
続きを読む

この記事に含まれる画像

ハッカドールで検索してみる

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}