「鬼灯の冷徹」第弐期 第26話「ポーカーなら無敵/逝き先は地獄の方で宜しかったでしょうか」

「鬼灯の冷徹」第弐期 第26話「ポーカーなら無敵/逝き先は地獄の方で宜しかったでしょうか」

Aパート「ポーカーなら無敵」 鬼灯による「マルキ・ド・サドとレーオポルト・ファン・ザッハ・マゾッホの生涯」の朗読が終わる。座敷童子たちは静かに立ち上がり、完全な無表情のまま拍手し続ける。おそらくスタンディングオベーションなのだろうが、シュールな光景に、物陰から様子をうかがっていた唐瓜は震え上がる。...

  • あとで読む
  • いらない
  • ほしい
VideoMarketで動画を見る

人気ランキング

> もっと見る

{{list.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたの分析結果

  1. {{::$index + 1 }}位 {{::row.keyword }}

{{Taste.updatedAt | date:'yyyy年MM月dd日 HH:mm'}} 更新

あなたが読んだ記事を学習して、あなたの好みを分析しちゃいますよっ
TOP

{{ ::toast.title }}

{{ ::toast.description }}